札幌の出稼ぎ風俗求人の体験談

札幌の出稼ぎ風俗求人の体験談

北海道の中心都市として各地から多く人が集まってくる札幌は、週末には多くの性欲溢れる男たちが集い、昼間は風俗に通い夕方から夜にかけて海鮮丼を食べてビールを飲んで家へと戻るという小旅行プランが大人気である。北海道だとジンギスカンを食べられるというイメージも付いているが、実際にジンギスカンを食べることができる店舗数はそこまで多い訳ではない。それに対して札幌にある風俗店は100店舗以上存在しており、店舗数だけ見れば圧倒的に札幌は風俗の街なのだ。だからこそ札幌の風俗ちなみこの100店舗という数字がどれほどすごいのかというと、熟女と遊べるお店が豊富に揃う繁華街である東京の上野・御徒町界隈の風俗店と同じぐらいの店舗数である。上野は平日も週末も多くの人が賑わうので100店舗以上は妥当な数字だが、客のほとんどが週末に利用する札幌で100店舗という数字ははっきり異常だ。しかし、お店の数は減るどころか増え続けており、いかに札幌の風俗が愛されているのか知ることができる。そのため求人情報も多いのだ。そのため札幌の風俗求人はネットなどで見ることができる。

札幌の出稼ぎは稼げるのか

これでも札幌は風俗の求人が多い街だと認めない頑固者の為に、札幌の風俗を舞台にした体験談を書くのでどうか札幌は風俗の街であると認めてほしい。週末は札幌風俗数年前、俺は東北の大学に通うために家賃が安い青森で一人暮らしをしていた。しかし、青森で週末を過ごすにはあまりに観光名所も名産品も風俗もなかったので、俺は週末になる度に札幌に遊びに行くのではなく、地元である札幌へ帰っていた。幼い頃はこれといった特産品がない札幌があまり好きではなかったが、大人になってようやく魅力に気が付いた。いつもは金曜日に大抵飲み会があったので、土曜日の朝に帰ることがほとんどだったのだが、その週は金曜日にたまたま飲み会がなかったのだ。そこで、久しぶりに早く帰ろうと思い、金曜日の授業を途中で抜け出すと札幌を目指して15時ぐらいの電車に乗った。17時前に着いた俺はサプライズを仕掛けて家族を驚かせようと実家へ突然帰ったのだが、家屋全員出かけていて俺がサプライズする羽目になった。実家に誰もいないことできっと外食していると判断した俺は一人で食べることにして札幌の駅前へと向かった。思い出の味というわけでもなかったけど、札幌名産の餃子を食べてビールを飲み、ボケーっとしていると、隣に明らかに場違いな妖艶漂う女が一人で座って餃子を食べ始めた。何となくチラチラ見ていると強い雌の香りが漂ってきてペニスが軽く盛り上がる気配を感じた。悶々としながらもやり場のない性欲をどうやって満たしてしまおうか考えていると、女が急に立ち上がりこちらをちらりと一瞥してにやりと笑って店を出て行った。俺はムラムラがMaxになり、ビールを一気に飲み干して立ち上がると、妖艶漂う女のあとを5mくらい後ろからつけて歩いた。このような女が一定数いるため札幌は風俗求人が多いのだ。