六本木風俗で出稼ぎとして働くある女性

私は六本木の風俗で出稼ぎとして働いている。小学校はもちろん中学でも野球を続けていた私が、風俗の出稼ぎ求人を見て今の仕事を始めた顛末について書いて行こうと思います。水戸で生まれた私は3人兄弟の末っ子として生まれました。兄二人が野球をやっていたこともあって、自然と私もその後を追うように野球を始めました。このときはまさか将来風俗出稼ぎをするとは思いませんでしたね。小学校のときはとても楽しかったですね。なぜなら、同級生の男の子たちはみんな私より小さくて、兄と一緒に野球をやっていた私よりも野球が上手い子なんてほとんどいませんでしたから。所属していたチームは地区大会で優勝して、全国大会にも出場したのです。3番セカンドだった私は、チームの主力選手として活躍。女の子だったこともあってか凄く注目されていたように思います。全国大会ではベスト8まで行きましたが、全国の投手相手を地区大会のように打つことができず私としては課題が残った大会でもありました。だから中学でも全国大会に出場して、対戦したことのある投手にリベンジしたい。それが当時の私の目標でしたね。でも中学に上がると、周りの男子はみんな私より大きくなっていきます。セカンドの守りでは動きの鈍さが目立ち、バッティングでも速球に対応できなくなってきたのです。もっと野球が上手くなりたいという思いとは裏腹に、全く成長できずむしろどんどん悪くなっているのでは?と思えるほどでした。小学校のときは不動のレギュラーだったのに、学年が上がるとともに控えに追いやられていったのです。でも「私にはこれしかない」と頑張り続けて、3年間野球を続けました。そして高校でも野球を続けます。女子野球のある高校やソフトボール部に入ることは考えず、兄が入った地元の野球名門校の硬式野球部の門を叩いたのです。入部前、監督には「●●の妹だから頑張って欲しいけど、大変だと思うよ」と厳しさを予感させるような言葉をもらっていました。その言葉通り、高校ではさらに厳しい日々を過ごしたのです。中学のときは1年や2年の途中までは何とか試合に出ることができましたが、高校に入るとベンチに入ることもできません。それは規定で女子は出られない公式戦だけでなく、練習試合などでも同じ。練習もレギュラー組が行うことが多く、私の居場所はグラウンドの隅。しかも大会が近くなると、野球の練習よりも応援の練習に時間を割かれます。バットではなく太鼓を叩くバチを振っていたのです。そして何といっても名門校ということもあり、部員はみんな上手い選手ばかり。結局私の高校3年間は「野球選手」として輝くことなく終わったのです。このように挫折を味わった私はその後大学などを経て、六本木の風俗で出稼ぎを始めたのです。