出稼ぎで働く風俗店について

最近風俗業界では自分が住んでいる・兼業先の職場の近くといった地域にある風俗店ではなく、全く関わりのない遠方の風俗店で働くという「出稼ぎ」という働き方も出てきている。その理由として考えられるのは、「どうしても知り合いにばれたくない」という風俗店での働くことを希望している女の子が多くなってきていること。最近では普通の仕事をしていてもしっかりと稼ぐことは難しく、将来のための貯金や何らかの目的のためには兼業で他の仕事も行う必要が出てきているという。そのために勤務日時に融通が利き、その中でもしっかりと給与を得ることができる風俗店での勤務を考える人が増えているのだ。ただ風俗で働くことはそういったお金を補完する良い仕事であるが、親族・友人・職場の人など知り合いに知られるとまずいというリスクはある。その中でも親の教育が厳しいという人・職場がきっちりしたところなど、風俗で働いていることが分かることが致命的な状況となってしまう人もいる。そういう人にとっては知り合いが誰もいないところで働くために、知り合いにばれる危険性がほとんどない遠方の風俗店での勤務は望ましいこと。特に月の中で数日間いなくなっても問題がないという状況にある人にとってはうってつけかもしれない。そして遠方から働きに来る出稼ぎ風俗嬢に対しても、体験入店(体入)期間を設けているお店が多いため一度状況を確認してから働くかどうかを決めることもできるのだ。このように風俗で働きたいと思っている女の子にとって良いことは多いが、その反面「絶対にばれない対応」「見知らぬ土地で働くことに対するフォロー」など受け入れ先のお店がしっかりしていることが求められてくる。

しかし遠方からの出稼ぎ風俗嬢を受け入れている風俗店の中にも、ここで働くのは辞めた方が良いと思わせるようなところも少なからず存在する。その条件のひとつは宿泊先が狭く汚いということ。風俗店の中にはギリギリの状況で営業しているところもあるため、宿泊先にお金をかけていないという場合もある。そのため女の子にとってはしっかりと休むことのできないような、狭く汚いところを宿泊先としているところもあるようだ。だからこそ必ずしも良くないお店という訳ではないが、長旅や仕事の疲れをしっかり癒すためには宿泊先がしっかりしているという心遣いは必要となってくる。そしてお店のスタッフの対応が悪い場合もマイナスポイントだ。システムをしっかり説明しない・優しい言葉をほとんどかけない・その地域の説明がないといった部分があるお店はあまり良いとは言えない。体入などをする際にはお店のそういったところを確認しておくと良いだろう。