出稼ぎ風俗求人Q&A【衛生対策】

出稼ぎ風俗求人Q&A

衛生対策

出稼ぎ風俗求人における衛生対策とは?

出稼ぎとして働く女性にとって知り合いにばれるということと同様に、仕事することで性病にかかってしまうということも避けなければなりません。風俗店の中にはこれをお店負担で行っていないお店もあるため、出稼ぎ先を選ぶときに風俗求人を見てしっかりチェックする必要があります。性病検査などの衛生対策に関しては、出稼ぎで働こうと思っている業種によってチェックの重要度が異なります。まずメンズエステやオナクラのように、基本的には性器と性器が触れ合うことなく女性主導で手コキなどのサービスを行うだけというものであれば性病の危険性はほぼないと言えるでしょう。またソープであれば性病が見つかると働けないというお店があり、短いスパンで性病検査を行うなど性病予防に対する意識が高いお店がほとんど。これは本番サービスがあり性病の危険性が高いソープならではと言えるでしょう。ここで書いた業種であれば性病検査に関して意識する必要性は低いです。

気をつけるのはヘルス・デリヘル・ホテヘル・ピンサロといった業種です。これらは基本的に本番サービスを行いませんが、素股や生フェラといったサービスを行います。このようなサービスでも性病になる危険性はありますが、それが浸透していないのか衛生対策として性病検査を実施していないお店も少なくありません。これは風俗の求人情報などに掲載されていても実際には行っていない場合もあるため、体入などでしっかりと確認しておくと良いでしょう。

衛生対策がしっかりとして出稼ぎ先で働くメリットは?


衛生対策として性病検査がしっかり行われている職場で働くことのメリットは、安心感があるということです。性病検査をしっかり行ってくれているお店は、必然的に働く女性のことを大切に考えています。そのためお客さんとトラブルがあったときもきちんと対応してくれますし、プレイスペースも清潔で働きやすくなっていることが多いです。それだけに安心して働ける出稼ぎ先を探すときは、衛生対策のしっかりした職場の風俗求人に応募すると良いでしょう。

衛生対策がしっかりしていることのデメリットは?


デメリットはあまりありませんが、強いてあげるとしたらその分の時間が掛かること。性病検査などの衛生対策に注力している職場は、ときとして過保護過ぎる場合もあります。出稼ぎとして月に1回程度の出勤ながら、定期的な検査を行う必要があることも多いです。そのためほかの時間が削られるという部分がデメリットと言えます。ただ風俗求人に応募して安心して働くには、それだけしっかりした環境を選んだ方が良いかもしれません。